読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナタリー郵便

おっさんで定職につかずに生きていく術を模索中でございます。崖っぷちです。

映画 64-ロクヨン- を観ました 今年のアカデミー賞候補では?!

メディア


 

わたくし、けっこう映画は見るほうですが、
年末ぎりぎりに、今年の傑作に出会えることができました。

 

警察ミステリー小説界の大御所である横山秀夫の最高傑作と謳われる、
「64(ロクヨン)」の実写版です。

前後編あわせて4時間の映画になります。

 

まず前編です。

 

組織に属する人間なら誰しも抱える葛藤と苦悩が、
前編通して描かれています。

なんといっても、

主人公サイドと記者クラブとの対立に凄みがあります。
アクション映画さながらの緊張感が、画面いっぱいに広がり、
手に汗握ってしまいます。

役者の方々の演技の賜物といったところでしょうか。

 


そして後編に続きます。


事件解決に向けて、一気に話が展開していきます。
64年のあの日の出来事の呪縛に苦しむ、各キャラクターたちの、
それぞれの現在が、つながり、収束し、ラストに向かっていきます。

 

誰だって過去を抱えて生きています。

その過去とどう向き合い、どう抱きしめて生きていくのか。

登場人物ひとりひとりの傷が画面を通して、リアリティをもって感じられます。

 

おっさんには、ほんとたまらないです。
必見です。

 

今年の作品を全部見たわけではありませんが(せいぜい三本ぐらい)、
アカデミー級だと思いました。

au公式/ビデオパス 初回30日間無料

 

よかったらこちらもどうぞ。

 

yubinya-natalie.hatenablog.com